Archive of the categories: 資格取得者

アプリケーションエンジニアとは

IT関係の仕事には、様々な職種があります。
どの職種も、専門知識が必要となりますから、「IT業界に憧れているけれど、これってどういった仕事内容なんだろう?」と思う職種がある方もいると思います。
そんな方の中には、「アプリケーションエンジニアって、どういった仕事をするのだろう?」と思っている方もいるでしょう。
あまり聞き慣れない職種ですから、仕事内容を知らない方も多いのではないでしょうか。

まず、アプリケーションエンジニアと呼ばれている方は、情報処理技術者試験などを取得している方のことです。
プログラム開発、情報システム、テストなどのプロセスを理解し、知識を得て、資格取得。この試験を目指すためには、大学卒業程度、もしくは一般知識3年程度、実務経験、現場指導知識などが必要となります。ということは、アプリケーションエンジニアの方は、情報処理技術として様々な知識や経験を持っている方となっており、資格取得をしているということは、かなり高い技術を持っているということになります。
業務要件分析なども行える能力が問われますから、難しい試験といえるでしょう。

アプリケーションエンジニアの試験は、1971年に特殊情報処理技術者という試験が1994年にアプリケーションエンジニアという名前に改称されています。
アプリケーションエンジニアの資格取得者であれば、仕事に困ることはないといえるでしょう。
このように、アプリケーションエンジニアは情報処理技術者として高いスキルを持っている方となります。
仕事をする上では、プログラムの開発だけではなく、情報システムの設計やテストといったプロセスを理解している専門家となります。